「ゲートの中では失ったものを取り戻すことができる。だが、相応の対価を支払わなければならない……。対価って何だろう?」(カリーナ・モク)

 面白かったー。
 第一クールを締めるべく描かれたのは、黒<ヘイ>の人間性でした。今までは、演技なの? 本心なの? と視聴者を困惑させてきた黒<ヘイ>でしたが、今回望遠鏡を前にして見せた顔はまさにホンモノ!(と信じたい)

 こういう顔を見せられては、ハヴォックの言った「契約者でもないのに誰よりも冷酷で、黒い死神と恐れられた黒<ヘイ>」こそが、ニセモノだったんじゃないか、演技だったんじゃないか、と疑いたくなります。
「ゲートの中で見つけた黒<ヘイ>が失ったものとは/『Darker Than Black−黒の契約者−』/第11話「壁の中、なくしたものを取り戻すとき…前編」感想」続きを読む