旧サブカル・カムカム

メインコンテツの更新は別ドメインにて、引き続き行なっています。社会人になっても、アニメやゲーム、マンガをじっくり楽しみたい!管理人が別格で好きなアニメ作品は『Darker Than Black−黒の契約者−』と『機動戦士ガンダム00【ダブルオー】』。
 

インシテミル

FF14蒼天のイシュガルドCE

⇒PC版FF14蒼天のイシュガルドのコレクターズ・エディション在庫あり店舗へ
楽天

カウンター
profile
◆管理人
 →かもめ
◆メール
 →kamomesab0531<アットマーク>gmail.com(<アットマーク>を@に変えて送ってください)
◆当ブログについて
 →はじめに
◆Twitter
 かもめ@淀川
Categories

米澤穂信さんに淫してみる。

 小説など書籍の感想は、こちらの「かもめは本を読まない」で。

▼米澤穂信さんの『インシテミル』を読み終わりました。タイトルはミステリーのガジェットに「淫してみる」という意味らしい。タイトル通り、ミステリミステリしている内容で、すぐに読み返したくなるほど面白かったのは面白かったんですが、野放しに絶賛できるかと言われるとちょっと微妙ッス(少なくとも「時代を変える」一冊ではない)。以下致命的なネタバレはありませんが、あらすじ以上の内容に触れています。何の先入観もなく読みたいという方はご注意を。
















 というのも、すっきりしないんですよねー、読後感が。前作の『ボトルネック』もそうですが、今作もなんとなく「消化不良」、もやもやとした印象を与えます。『愚者のエンドロール』のラスト一文に感銘を受けた僕としては、どうも米澤さんの作品ですっきりしないのは苦手だったり。いや、そんなことよりも、今作の場合、第二の殺人が起きたあとに行われるとある調査が、第一の殺人が起きたあとにしなかった理由を「登場人物が気づかなかった」としたのが気になって気になって仕方がなかったからかもしれません。それはさすがに無理がある。そこは死体の発見を遅らせて、「調査の時間が取れなかった」とすべきだったんじゃないか、と思ったり。いや、まあ「夜」の内に死んでもらわないと、(作者が)参加者の恐怖心を煽ることができず、「殺人ゲーム」を続けられないのはわかりますが。←恐怖心云々という問題じゃないのに気がつきましたので、修正ー。そこがまず気になってしまったから、続く展開も面白かったのに十分に楽しめなかったのかなー。とにかくこれ以上は再読してから。

“文学少女”最新刊とか“学生アリス”最新刊とか

・今月末から来月にかけて、好きな作家の新刊が続くので、今から楽しみにしています。中でも野村美月さんの“文学少女”シリーズ最新刊『“文学少女”と慟哭の巡礼者【パルミエーレ】』と、十年近く発売が待たれた有栖川有栖さんの学生アリスシリーズ(江神シリーズ)最新作『女王国の城』が、楽しみで仕方ないです。文学少女は最初っからクライマックス(笑)だし(←ちょっと立ち読みする限り)、『女王国の夜』は三年待ちました(短い?)。他にも、米澤穂信さんの『インシテミル』『遠まわりする雛』、森博嗣さんの『キラレ×キラレ』……と、今年の夏はまだまだあつい。(個人的に)遅れてやって来た夏はまだまだ終わらない……、終わってたまるかっ!

 文学少女は新刊発売に先駆けて、特集が組まれてます↓

ファミ通文庫◆FB Oline◆特集その1 ”文学少女”と禁断の妄執者【ジャンキー】たち
▼ちなみに、ファミ通文庫◆FB Oline◆のトップから入ると、“文学少女”天野遠子さんの壁紙も取れます。竹岡美穂さんのイラスト、ホント素敵だー。
▼そして、“文学少女”の今日のおやつでは、琴吹ななせさんの片想い日記を公開中。最近僕も名前を覚えてもらう、知ることの難しさを痛感したので、非常に面白かった。しかし、こんなに短くても、笑わせるところは笑わせ、締めるところは締める辺り、野村美月さんはホントすごい書き手だなぁ。尊敬!

・今回のタネ本は、宮沢賢治さんの『銀河鉄道の夜』ということで、さっそく発売前に読んでみようと、せっせと積み本を崩しましたよ。普通に、部屋に置いてあるぐらい、有名な作品。でも、なんとなく未読。そんな垣根を悠々越えさせる“文学少女”はやっぱりすごいよなぁ、と思います。
 古典作品になんとなく手が出ない人は、まず『“文学少女”と死にたがりの道化』を読むべし。フツウに“文学少女”に萌える人も是非是非(笑)。……ちなみに、僕の感想はこちらから(まだ道化と天使しかありませんけれど)。

“文学少女”と慟哭の巡礼者
“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)
インシテミル
Amazon

国内盤DVDタイトルは原則26%OFF
ニューリリースCD+DVD最大18%OFF
DVD付き以外のCDはAmazonポイント最大5%還元
Amazonをご利用の際には、是非こちらからどうぞ。応援よろしくお願いします。
ブログ内検索
Google


Web を検索
ブログ内検索
アクセス解析
  • ライブドアブログ