「いわば、ヴォイドランク制だな」(寒川谷尋)

『ギルティクラウン』第十四話「攪乱:election」のネタバレ感想です。公式HPで公開されている、次回予告が不吉すぎる。祭さん頑張って生き残って。


「これからはヴォイドの価値が、その人の価値になる」(寒川谷尋)

 前回の感想でかなり展開に否定的でしたが、その展開が意味を持つとするなら、こーゆーストーリーが来るんじゃないかと思っていた展開が来てしまいました。

 この展開に続くのならば、前回の安易な人助けも納得の一言。むしろなるべくインスタントで、劇的でなければいけないぐらいだと思います。奴隷を生むのであれば。

 ヴォイドランク制は奴隷制(のようなもの)だと思いますが、ようやく『ギルティクラウン』(罪の王冠)らしい展開になってきましたねー。1クール目では、そこまでヴォイドが招いた悲劇が描かれていなかったので(谷尋弟の件がありますが、むしろあれで谷尋との和解が成立してしまっている)、ここから一気に物語が動いていくんでしょうね。いのりとの関係も、いまのままではあまりに障害がなさすぎるので、一波乱あるんでしょうし(OPの「赤い」衣裳は、不吉以外何ものでもない)。

 祭の希望通り、シュウは生徒会長になったわけだけれど、彼自身がリーダーになろうとしてなったわけではないのが、ポイントですね。担ぎ上げられただけにすぎず、いわば彼が「奴隷」(自身で立ち上がろうとしない人とという意味で)と化してしまっている。OPにうずくまって立ち上がらない彼を、血を纏ったように赤いドレスを着たいのりが抱きしめるあたりは、いろんな想像をかきたてられるところですが、さてさてこれからどうなっていくのやら。

ギルティクラウン オリジナルサウンドトラック
ギルティクラウン オリジナルサウンドトラック
ギルティクラウン 02【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ギルティクラウン 02【完全生産限定版】 [Blu-ray]


前回第13話「学園:isolation」の感想へ
→次回第15話「」の感想へ
『ギルティクラウン』の感想インデックスへ