「まるっ」(京乃まどか)

『輪廻のラグランジェ』第一話「ようこそ、鴨川へ!」のネタバレ感想です。物語に新鮮味があったというわけではないのだけど、非常に見ていて楽しいフィルムでした。第一話からバックドロップジャーマンスープレックスを決めるヒロインもなかなかいないでしょう。


 冒頭、まどかがスカートを脱ぎ捨て、溺れている女性を助けに行くシーンを見ただけで、惚れた。海辺から始まる物語といえば、何といっても『STAR DRIVER 輝きのタクト』がぼくは好きですが、この作品の始まり方もかっこいい。スカートの脱ぎ方が色っぽいというよりは、何かあったら人を助ける覚悟が決まっていて格好良い。

 溺れて助けられるのがタクトで、溺れている人を助けるのがまどかという以上に、二人には繋がりがあるような気がしてしまう(もちろん、製作スタッフなどはまったく異なっていますよ)。

 タクトはすでに覚悟が決まっている状況の中で、南十字島での騒動に巻き込まれていくのだから、まったく事情がわからない中、ロボットに乗る羽目になったまどかとはまったく違うんですが、それでもどこか似ている気がしてなりません。

 それは、たとえば、どちらも「迷わない」主人公だというところですね。ロボットに乗り込むまでの、葛藤が二人ともほぼなし。「か弱きものを守るのがウチの家訓だ」という言葉でロボットに乗り込むのがタクトならば、困っているランを助けるために乗るのがまどかで。どちらも、とてもシンプルな理由でもって、ロボットに乗り込んでいく。

 それが今だとあまりに新鮮だから、今後の展開も気になってしまうんだろうなぁ。

 ああ、どうしてこんなにもスタドラを彷彿してしまうのか。これも「三人組」の物語だからだ、まるっ

輪廻のラグランジェ 1 (初回限定版) [Blu-ray]
輪廻のラグランジェ 1 (初回限定版) [Blu-ray]
輪廻のラグランジェ~暁月のメモリア~(1) (ヤングガンガンコミックス)
輪廻のラグランジェ~暁月のメモリア~(1) (ヤングガンガンコミックス)