STEINS;GATE Vol.8【初回限定版】 [Blu-ray]「初対面で気づいてました」(牧瀬紅莉栖)

 アニメ『シュタインズ・ゲート』第二十一話「因果律のメルト-Paradox Meltdown-」のネタバレ感想です。この回だけは見逃すわけにいかない。


「β世界線に戻れば、あのDメールを消せば、おまえが死ぬ」(岡部倫太郎)

 紅莉栖。・゚・(ノД`)・゚・。

 ゼロ年代特有の「ハーレム」構造を徹底して拒否するのが、シュタインズ・ゲート。オカリンが選べるのはただ一人。タイムリープという何度も「やり直せる」物語を採用しながらも、その実、丁寧に丁寧に、他の女の子との関係を反故にしてでも描かれるのは、どうあっても助けられるのは「一人」という残酷な事実。それがこの世界、あるいは世界のルール。

 でも、どこかで他の女の子とも良い仲を築けて愛し愛されてるというハーレム構造に違和感を覚えている人だったので(人が誰かを愛したり、助けたりできるのはやっぱり一人だろうと)、原作プレイ時もこの展開には鳥肌が立ちながらも、納得してしまったクチだったりします。やはり、いろんな人と恋愛したりえっちしたりというよりは、誰か一人と一生かけて付き合っていく方を選びたい。

 この辺り、原作プレイ済みの方でも誤解している人がいそうですが、最後の最後まで、あくまでオカリンが助けられるのは「一人」だけです。原作の各ヒロインへの分岐ルートなんかが顕著ですが、あれはどれもまゆりを犠牲にした上で、ヒロインたった「一人」を選んだ場合の物語。

 どうあっても、『シュタインズ・ゲート』は誰か一人を選ぶ物語ということに変わりない。

「助けられる側」のまゆりもまゆりで、そのことがわかっているために、オカリンとの関係を変えていかなきゃいけない(=オカリンがほんとうに選びたいのはわたしではない、と気づいている)と、独白するのが切ない。ラボ設立時の、ささやかだけど大切な二人っきり(つまり、お互い相手を一人として見ていた時)のままならよかったけれど、ここまでラボメンが増えてしまったら、その一人を改めてちゃんと選ばなきゃいけないし、選ばせてあげないといけない。でも、どうやら自分(まゆり)にはそれができないという。

 メタ的に物語を追うと、α世界線でまゆりが必ず死んでしまうというのは、オカリンが知らず知らずのうちにβ世界線の紅莉栖と共に、まゆりも紅莉栖もどちらも助けようとしているから、という読み方もできるかも? それは世界のルールから反しているから、不可能。それがほんとうの意味でα世界線のまゆりを助けられる瞬間にわかってしまう。ここまでの状況にならないと、それを察することができないというのが、切ない。

STEINS;GATE Vol.4【初回限定版】[購入者限定イベント応募券封入!] [Blu-ray]
STEINS;GATE Vol.4【初回限定版】[購入者限定イベント応募券封入!] [Blu-ray]
Steins;Gate(通常版)
Steins;Gate(通常版)


次回第14話「形而上のネクローシス」の感想へ
次回第22話「存在了解のメルト-Being Meltdown-」の感想へ
アニメ『Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)』の感想インデックスへ