六月分のまとめ記事です。相も変わらず、十日もすぎてからの更新なので、今回は軽めに。


■6月分の読書

 新規13冊
 既読2冊


 これにて、48冊読了となります。先月は精力的に読書しておりました。夏休みに入ったら、書く方にシフトしていくつもりなので、今のうちに溜め込めるものは溜め込んでおこうと。クリスマス公開小説までの習作と考えてますので、ブログの方ですぐに公開するかは、ちょっと考え中です(特に希望がないようだったら、Pixivのみでの公開で考えてます)。

 先月一番のオススメは御影瑛路さんの『空ろな箱と零のマリア』かな。「たぶん好きですよ」と後輩に勧められたものですが、いやぁ、ものすごく面白かったです。三巻がループ系のミステリとして、相当面白いことになっています。ループしているという優位性をここまで自覚的に取り入れたものも珍しい。でも、ガジェットよりもテーマ好きの自分としては、四巻で明かされるタイトルの意味が素敵。

空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)


■当ブログにおけるアフィリエイト広告収入

 ご協力いただいた皆様、まことにありがとうございますm(_ _)m
 具体的な報酬金額を書くことは現在規約で禁止されているため、具体的な数字を書くことはできませんが、毎月助かっております。感謝です。

■6月を振り返って。

・『C』の最終話感想を書くまでは、まとめ記事は書けんということで、ここまで遅くなってしまいました。ウチのブログを昔から読んでくださっている方には、ぜひぜひオススメしたい作品です。

・読書人大賞の授賞式に行ってました。後輩のスピーチがそりゃあもう素晴らしかったです。面白い路線のものだったのですが、妙に込みあげてくるものがありました。本当におめでとう。