もしドラ page:1 [Blu-ray]「あなたは確かに試合でエラーをした!」(川島みなみ)

 アニメ『もしドラ』(もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら)第二話「みなみはマーケティングに取り組んだ」&第三話「みなみは人の強みを生かそうとした」のネタバレ感想です。


 今回も面白かった。夕記さんが部員に話を聞くのは、所謂「リサーチ」に当たる部分だと思うけれど、そのリサーチをどう生かすのか?というお話を二話続けて、描いた。

 部員がしてほしいことをただ提供するだけだったら、ただの「便利屋」に過ぎないし、もしもみなみちゃんたちマネージャーがそこで終わっていたら、チーム制の練習は生まれなかった(そんなことを誰も求めていなかったから)。

 部員たちが、いまどういう事を考えているのか、よく知ろうとして、その上で予想以上の、そして何よりも面白い!ものを出す。やっぱりそれが本当の意味で「マーケティング」を生かすことに繋がるのだろうな、と。

 まさか裕之助の、突然エラーしたのがあなたの強みなんです!と言われるとは思わなかっただろうしね(笑)。ただなんとなく兄に憧れて野球をやっていた裕之助に、野球をやる意味(責任)とやりたいという本音を引き出したみなみちゃんとハナエさんが素敵でした。

コトラーが教えてくれたこと 女子大生バンドが実践したマーケティング
コトラーが教えてくれたこと 女子大生バンドが実践したマーケティング
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


前回第01話「みなみは『マネジメント』と出会った」の感想へ
→次回第04話「みなみはイノベーションに取り組んだ」の感想へ
アニメ『もしドラ』の感想インデックスへ