TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 2 (初回限定版) [Blu-ray]「困ってるみんなを助けたい。動機なんてそんなもんじゃない」(ブルーローズ)

『タイガー&バニー』第四話「Fear is often greater than the danger.(案ずるより、産むが易し)」のネタバレ感想です。レジェンドから受け継がれた「動機」が、徐々に伝染していってるのが面白いなぁ。


「今シーズン、ポイントゼロのくせに」(ブルーローズ)

 今回も良かった。こーゆーシナリオを練れたら、物語を描くのが本当に楽しいだろうなぁ。最近、本気で物語を描きたい、描こう、と改めて思い始めているので、色々と参考にしたいところ。

#このタニバニやダーカー(というか、アニメは大体そうですが)、そして、往年のJRPGのように、小さいエピソード(短編)を重ねて、大きな物語に繋げていくのが、好みなんですよね−。

 やっぱり前半部分は、それぞれにNEXTという特殊能力、すなわち手段を持ちながらも、強烈な動機を持たないヒーローたちが、レジェンドのような昔ながらのヒーローの動機とドッキングしていく様が描かれている。

「俺たちはな、別に誰かに評価されたくて、命を張ってるわけじゃねえんだ」(鏑木・T・虎徹)
「僕は、誰かに評価されたくて、ヒーローをやってるわけじゃありませんから」(バーナビー・ブルックスJr.)


 そして、奇しくも、似たような事を言ってる二人(そして、事実彼らは似ている)だけど、虎徹とは違って、バーナビーの方は強烈な動機を持っていることが明かされていて。そこがいずれ、バーナビーと他のヒーローたちとを分かつことになるのだろうけれど、いまはまだそのときではないんでしょうな。

#ちなみに、予想としては一見強烈な動機を持たない虎徹ですが、バーナビーが追っているウロボロスと、おそらくは今亡き奥さんが繋がっていくんじゃないかなぁ。そこで、彼にも強烈な動機が生まれる。その上で、バーナビーとどう違う選択をするのかが描かれるのではないか、と。

 閑話休題。

 そして、今回その動機とのドッキングが描かれたのは、ブルーローズことカリーナ・ライル。彼女の心の変遷、もっと言えば彼女の中の「みんな」が変化していく様が、実に丁寧で良かった。

「歌一本でやってくのも、いいんじゃねえか?」(鏑木・T・虎徹)

 一時は、虎徹の言葉が嬉しくて、ヒーローかバーの歌手かという二択で、歌手を選ぶカリーナだけど、そこからの切り返しが凄かった。最後に、カリーナとしてではなく、ヒーロー・ブルーローズとして言う、

「困ってるみんなを助けたい。動機なんてそんなもんじゃない」(ブルーローズ)

 という言葉が、

「好きだから。みんなに歌を聞いてもらいたいから」(カリーナ・ライル)
「俺は困っている人を助けたいから、ヒーローをやってる。動機なんてそんなもんだろ」(鏑木・T・虎徹)


 虎徹とカリーナの動機がドッキングしているというのも良かったのだけど、カリーナ/ブルーローズの言う「みんな」に同じヒーローである虎徹たちも入ったのが、いちばん素敵(それまで当然ながら、わたしとあなたたちは違うという態度だった)。

 だからこそ、今回ブルーローズが守るのは、逃げ遅れた人ではなく、同じヒーローなんですよね。そして、意外にも一緒にトレーニングしていたりと仲良しなヒーローたちの輪に入っていく。賭けをしていた虎徹たちに呆れながらも、ちょっぴり嬉しそうな表情が、たまりません。かわいー。

「私の氷はちょっぴりコールド。あなたの悪事を完全ホールド!」(ブルーローズ)



 あと、さりげなく、

「あなたたちヒーローの命までも、危険にさらすことはできない」(アニエス・ジュベール)

 アニエスさんも、前回で虎徹に感化されているのが、微笑ましかった(笑)。前回虎徹が言った言葉を、ちゃんとアニエスさんはわかっているんですよね。これは良い夫婦になれる(笑)。

「市民を守るのが俺たちヒーローの使命だ」。

 だから、その市民であるアニエスさんたち報道マンを守るのも、ヒーローの役目だというのが、前回の話ではあったけれど、その台詞からからもう一つ言えることがあって。

 ヒーローも市民の一人、だということ。

 それをおそらくちゃんとわかっているからこそ、アニエスさんは、上記の台詞を言ってくれたんだろうな、と。そして、虎徹も虎徹でそれをわかった上で、希望があるならと飛び出していく。

 この「希望」っていうのは、きっと逃げ遅れた人を助けることができるというものと、いまここにはいないブルーローズがちゃんと来てくれる、そんな期待を込めてあったのでしょうね。

→Blu-ray第2巻はちょうどこの話まで入ってます。

TIGER&BUNNY (タイガー&バニー) 2 (初回限定版) [Blu-ray]
TIGER&BUNNY (タイガー&バニー) 2 (初回限定版) [Blu-ray]
TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 2 [DVD]
TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 2 [DVD]

前回第03話 「Many a true word is spoken in jest.(嘘から出た真実)」の感想へ
→次回第05話「Go for broke!(当たって砕けろ!)」の感想へ。
『TIGER&BUNNY(タイガー&バニー)』の感想インデックスへ