遅れておりました、三月分のまとめ記事です。


■3月分の読書

 新規4冊
 既読0冊

 これにて、年間通じて17冊読了となります。先月読んだ中ではいちばん、佐々木俊尚さんの『キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる』が面白かったです。これ、おそらく書評ブログの方で感想を書くと思います。所謂マーケティング本ではありませんが、昨今の消費論からメディア論まで、現在進行形で実感のあることを書かれているので。マーケティング本、何が良いかな? と考えてながらも、あちこち浮気していたら、あっという間に二ヶ月経ちましたが、この路線で行く。マーケティング本ではないけれど、持っていると世の中を面白く見られるんじゃないかと思う視座を得られるような本を紹介していきます。もちろん、ちゃんと僕が可能な限り、マーケティングっぽい話に繋げていく書評にしますよ。

 いまの予定だと、東浩紀さんの『動物化するポストモダン』、同じく佐々木俊尚さんの『電子書籍の衝撃』の次辺りに、この本を扱おうと思っております。


キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)
キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)

■当ブログにおけるアフィリエイト広告収入

 ご協力いただいた皆様、まことにありがとうございますm(_ _)m
 具体的な報酬金額を書くことは現在規約で禁止されているため、具体的な数字を書くことはできませんが、今月も単行本一冊は余裕で買えるぐらいの収入を得ることができました。つきましては、

履歴書の書き方なんて教えてあげないんだからっ!
履歴書の書き方なんて教えてあげないんだからっ!


 を買おうと思います(身体を張ったジョーク)。いえ、実際本当に買うかどうかは、書店で目次を眺めてからになるとは思いますが、何にも増してセルフプロデュース(相手のために、自分をどう演出するのか?)が大事な世の中ですしね。僕は、この話、多分二年ぐらい前に聞いているんですが、いまになってようやく意味がわかってきました。所謂ブランドもそうですが、演出って相手(顧客)の負担を減らすためにするんですよね。

■3月を振り返って。

Web拍手お返事更新しました。すみません、れおぽんさん! 黒<ヘイ>さんフィギュアのアフィリエイトの下に、タクト様のフィギュアも貼るという小粋なアドバイス、気づいていませんでした。ものすごく面白いアイデアだったので、申し訳ないッス(汗)

坂本真綾さんのライブ行ってきました