今月から、毎月まとめ記事を残していこうかと思います。むかし相羽さんがやっていたので、やろうやろうと思いながらもできていませんでした。いますぐやろう。


■2月分の読書

 新規11冊
 既読0冊


 これにて、年間通じて13冊読了となります。感想こそ書いてはおりませんが、バイトを二ヶ月休ませてもらっているということもあり、先月は精力的に読書しておりました(中身については、ブクログの方をご覧ください)。まあ熱心な読者様からすれば、マーケティングの本どうなんだったんだよ、という感じかもしれませんが、その時々の自分の興味やら世界の情勢に合わせて、読む本を選んでいきたいので、現在難航中です。

 以上のような理由もありますが、単純にマーケティング本の書評が読みたい人、もっと言えばマーケティング本を読みたい人の本当のニーズって、マーケティングがわかったり、出来るようになったりすることですよね? それに自分なりに答えることは出来ないかなぁ、と模索していたりはします。

#このほか、まだ読了していないので、ブクログには反映していませんが、エジプトの暴動を受けて(というか、現在の世界情勢を受けて)、今のうちに「地政学」を勉強した方がいいよ、というアドバイスをもらったので、関連の著作を読んでおります。『マッキンダーの地政学 デモクラシーの理想と現実』とか。部屋の壁に飾れる世界地図とか、地球儀が欲しい今日この頃です。

レイメイ 地球儀(全回転・木製台座) OYV250
レイメイ 地球儀(全回転・木製台座) OYV250 

■当ブログにおけるアフィリエイト広告収入

 具体的な報酬金額を書くことは現在規約で禁止されているという連絡を受け、削除しました

 ご協力いただいた皆様、まことにありがとうございますm(_ _)m
 黒<ヘイ>さんのフィギュアがバカ売れしたということもあり(笑)、一月で5000円以上広告収入をいただくという、数年来の目標が達成できました。一応世間ではよくアフィリエイトで月5000円稼げる人は全体の5%にも満たないと言われるのですが、(この全体がどう定義されているのか疑問ではありますが)これで一山は越えたかな、と。まあおそらく来月報告するときには、1000円ぐらいになっているんですが(笑)。という意味では、今月は数年間真摯にダーカーの感想を書いてきた自分へのご褒美だったのかなぁ、と思います。

 皆様、本当にありがとうございました!

 その使用目的についてですが、現段階では基本的に自己投資(勉強用の本やセミナーなどの自己投資資金)に回させていただいてます。自分がいろんな勉強をすることによって、このブログを読んでいる方に何か還元できれば良いな、と。

 もう少し余裕が出てきたら(自分の学びに一区切りついたら)、アニメのDVDの購入資金にしたり、今度は皆様にそういうような立場になって頂けるようコンテンツ配信したり出来たら良いな、と思ってます。

 ここからはさらっと語るつもりになっていたのですが、終わってみると、恐ろしい長さになっていました。気合いを入れて、お読みください。

----------------------------------------------------------

 ゲームやアニメ、あるいは漫画でも何でも良いですが、今はどこもなかなかに苦しい状況です。いえ、これらの業界に限らずとも、今は不況で辛い、やばいという雰囲気が世間一般では当たり前です。現在進行形で、就職活動を行っている自分が日々会社の情報に当たっている限りでも、そんな印象を受けます。就活情報などは特に就活生を凹ましたいだけなんじゃないかというほど、絶望的な状況を見せつけてくれます。

 では、ものすごく単純に、このような「不況」という状況は一体何が生み出しているの? 言われたら。

 何と答えるでしょうか?

 もちろんいろんな原因があるんでしょうが、大元を辿れば、それは「人の心」です。みんなが不況だと言ってるから、お金がないと不安だからとか、そんな漠然とした不安が、お金を支払うことを躊躇させ、そんな感覚を全体が共有することによって、お金が世間で回りにくくなる。そうすると、「不況」と呼ばれるような状況になる。

 何も宇宙のどこかで、神様が今は不況だと決めたわけではない、わけです(当たり前ですが)。

 僕らの心理が、心がどこか怯えている。
 だから、それを守りたくて、
 結果的に、不況という状況を呼んでいる。

 そして、これにプラスして知っておいて頂きたいのは、単純に景気だけを問題にしても、回復するにも悪化するにも「時間がかかる」ということです。2008年にリーマンショックが起こったとき、現実の経済に影響を与えるのは2010年以降(早くとも2009年後半)だろうと言われておりました。そして、その言葉通りになっている現在。来年辺りはさらに厳しくなることが予測されます。

 ここで何かが言いたいのかというと、景気を左右させているのは人の心だとそう言いました。そして、回復するにも悪化するにも、その原因から結果までにタイムラグがあると。

 ということは、現在の状況――僕ら自身の感覚、心理状況がいちばんわかりやすいと思います――を見ても、景気が良くなるような兆しは、見当たらない。毎日、辛いような気がするし、実際辛い。個人的なことを言わせてもらえば、就職できるのか毎日不安です。自分に何が出来るんだろう? って今さら考えても、仕方がないのに、考えてしまいます。

 そんな状況を前にすれば、何かよっぽどのことがない限りは、ここ数年では景気が良くなることはないかな、というのは、理解できるかと思います。プラス今年はエジプトの暴動などもあり、これらの影響も何かしらあるだろうな(そして、それは時間差があるがゆえに、忘れた頃にやってくる)、と。

#実際、僕が信頼しているソースの一つである木坂健宣さんから、この件についてはしっかりと考えるように警告を受けています。なにがしか我々の生活に直結する形で影響を与える出来事であると言うことですが、僕自身は不勉強でまだ具体的にどう影響を受けるのかわかっていません。申し訳ないです。

 でも…………

 そんな先行き不透明な状況の中、例えば、小さいことですが、好きでやっているブログから、ある程度のキャッシュが舞い込んできたらどうでしょうか?

 僕はまだまだ5000円程度ですが、この記事の参考にしているあいばさんは、多分今でも一月に20000円程度はAmazonのアフィリエイト報酬を得ていると思います(公開されているのが、一昨年の12月で最後なので推測ですが)。ここまで到達するのに、相当の時間や、もっと単純にそれだけの気持ちをブログにかける「熱意」が必要だとは思いますが、僕の5000円程度ならば、そう難しくないと思います。

 数年かかって、ようやく5000円にほぼまぐれで到達した分際でよくそう言えるな、と言われれば苦しいですが(笑)。まあ、その原因は、熱心な読者様には百も承知だと思うので、置いときましょう。

 何もお金を稼げるから、ブログやりましょうという話ではありません。というのも、いまこの文章を書いているのは、くだんの個人面接で「ブログ儲かるの?」みたいなことを言われて、それに「反発したかった」と言うのが、一つ理由としてあります(いちばん大きな理由は最後に)。

 いまとなっては、何の真新しさもない言葉ですが、ネットって自分の本心、核に沿って「好き勝手」出来る環境なんですよね。自分の本分なり信念に沿って、誠実にブログの記事を書いていれば、どこかで耳を傾けてくれる人がいる。

 この自分を「必要」としてくれているような、そんな感覚をいろんな人が持てたら、それは素晴らしいことなんじゃないか、とそう思うわけです。

 これは、ここ数年間当たり前すぎて気づかなかったけれど(そして、言葉にしてしまえば、あまりにも陳腐)、就職活動で「我が社にはあなたは必要ありません」と言われるようになって(ほぼ「無言で」ですが)、初めて、ああ、なんて大切なことだったんだ、と。

 自分にとって、このブログは捨て置けないものなのだと。
 自分の中の何かを、支えてくれているものだと。

 思えば、ここ数年、いろんな興味の変遷はあったけれど、その間ずっと書いていたのは、このブログだった。なにか、まだはっきりとはわからないけれど、自分にとって何か確かなものが、ここにはあるんだろうな、と。

 何かここまでの話とズレているのではないかと突っ込まれそうですが、僕の中では明確に繋がっていて。ようは、不況の原因の一つは「心」にあるという話をしていて、それは漠然とした不安を感じてしまうからで。そんな不安を吹っ飛ばす一助になるのではないかなぁ、と。そんなことを考えてみたり。

 もちろん、即物的な意味でも(笑)、生活費は普段の仕事で稼いで、その隙間時間を使って、好きなことをやって得た収入は趣味に回す。そんなサイクルを作ることが出来たら、結果として心にも余裕が出てくるんじゃないかな、と。それでなくとも、今後さらに状況が苦しくなってくると、心が弱ってくると思うので、その予防線を張るという意味でも。そうすれば、普段の仕事にも身が入ってくるのではないかと、そう思います。

 結果として、先ほど書いたような絶望的な状況が今後起こらず、なんやかんやと景気が回復してしまったら、(それは本当に良いことなので)備えるために得たお金は、大好きなアニメのDVDを買うことにしたり、趣味の本を買うことにしたり、いままでお世話になってきた創作者の方に還元すれば良いことですしね。

 そんな良い関係(ビジネスなどではWin-Winの関係などと言いますが。いまはWin-Win-Winになってるのかな?)を作れたらいいなーと。僕たち自身の不安の軽減に繋がりますし、結果として僕たちが大好きなアニメ業界や出版業界、ゲーム業界などを助けることになるのではないかなぁ、と。そんなネットの海の片隅で、考えてる夢です。

 ですが、それを自分が行う前に、現状としてはかなりまずい、大変な状況になっていると思います。僕が自分でそんな活動を行えるようになるには、まだまだ時間がかかると予想されます。たまにマーケティングなんかを意識して記事を書くことはありますが(黒<ヘイ>さんフィギュアに関しては、それが功を奏した状況です)、究極的に言って、僕がいま行っているのは、自分(の文章)を磨くことです。とても、誰かに一連の流れを教えることは出来ません。

 なので、その道のスペシャリストを紹介しておきましょう。

 まあ、誰もが予想できているとは思いますが、あいばさんです。いろんな教材やら講座を出しているその中でも、Webで収入と創作(ようは自分の本分に従って活動すること)を両立する方法を語ったイーブックがあるので、今回はそちらを紹介します(僕も発売当初に購入して色々試したり、いま読み直して、やっていないことがあるのに気づいて、恥ずかしくなったりしてます(笑))。

『WEBで収入と創作を加速させる方法』バックナンバーイーブック

 そして、これが今回この文章を書いたいちばん大きな理由です。いつか、広告収入が月5000円を超えたら、感謝の意を込めて、この教材を紹介するぞと思っていました。まさかここまで時間がかかるとは思いませんでしたが(笑)、今回ようやく紹介できる運びになって良かったです。

 あいばさん、いつもいろんな勉強をさせていただき、ありがとうございました!

■補足

 本当は、ブログという観点からいうと、昨年販売された「ブログをWEB上の雑誌にパワーアップする方法」の方が適しているのですが、こうした事情で今回は紹介しませんでした(内容自体も応用編になりますから)。確かいまは通常販売されていなかったとも思いますしね。また販売されるようなら、ご紹介しようかな、と。ちなみに、このレポートの根っこの部分(コア概念)は、あいばさんのビジネスブログの方に書かれています。

あなたの新雑誌をWEB上で運営する|個人自由業者になりたい方へ贈るビジネスの基礎講座

 そして、この記事に触発されて、僕が書いたのは、こちら↓

小林弘人『新世紀メディア論 新聞・雑誌が死ぬ前に』/感想/書評/バジリコ出版 : かもめは本を読まない。

 この記事に対して、反応も頂きました。

多元時代におけるあなたの雑誌の方程式|個人自由業者になりたい方へ贈るビジネスの基礎講座

 よろしければ参考にしてください。正直、初めてこの記事を読んだときは、びっくりしたものですが、読む人が読めば、世界がひっくり返るような衝撃を得られると思います。

■2月を振り返って。

・就活本格化。予想していたとおり、個人面談がネックになりそうです。その場その場で考えて話すことは、どちらかというと苦手なので、その鍛錬として、ちょこちょこ音声を取っています。もう少し慣れたら、書評を音声でやっても面白いかもな、と思っています。どうしても一冊の書評を書くのに、時間がかかってしまうので、話す形にすれば、少しはマシになるかなぁと。

・PCゲーム『Dies irae〜Acta est Fabula〜』をプレイし始めました。感想/プレイ日記はこちらから読めます。時間を止めたいほどに日常を愛する主人公の蓮が、徐々に非日常に浸食されて……というのが、大まかなストーリーライン。大絶賛時間を止めたいと思っている僕は、主人公に感情移入しまくり。ああ、もうすごく面白いです。

・もう一つ読書絡みのネタがあるのですが、さすがに書き疲れたので、後日追記します。