喰霊-零- Blu-ray Disk BOX (初回限定生産)「この憎しみに気づくまでは」(諫山黄泉)

 BS11で再放送されている『喰霊-零-』ディレクターズ版第二話「憎発露(にくしみのはつろ)」のネタバレ感想です。これはホントに面白いわ。演出がお見事。


「私を“姉”と呼ぶな!」(諫山黄泉)

 だったら、「友達」……だったら良かったのか?

 お話としては、こちらの黄泉さんがメインになるのかな。特戦四課のナツキさんも大層好みな造形をしておりましたが、黄泉さんもまた麗しい。今はまだ何を考えているのかちゃんと明かされていないので(超自然災害対策室を裏切った経緯とか)、その辺りに焦点を置きながら進んでいくんだろうな。

 美少女二人の剣戟シーンがもう素晴らしいんですが、演出としてうまいなぁ、と思ったのは、黄泉と神楽が構えて向かい合っているシーン。あそこ、後ろの柵のようなものが、途中で切れているんですけれど、あれって多分二人の絆がすでに切れてしまっていることを暗示しているんですね。しかも、それを斬ったのは黄泉の方なので、今の状況を如実に表している。

 かつては仲が良かった(神楽は「姉」として慕っていたし、おそらくは黄泉は黄泉の方で神楽を大切にしていた)二人の、いまの距離感が切ない。こんなにも近くにいるのに、決して届かない。

 それはなぜか?

 切ってしまったから。確かに一緒にいると自分が劣等感に苛まれたかもしれないけれど、そこはやはり切ってはならなかった。しかも、ああいうもので、それを表現するっていうことは、多分この「絆」取り戻せないですよね。もう決して繋がらない二人を暗示しているように感じるわけですが。

 あと何が切ないって、こういう展開だと大抵黄泉の行動理由が「神楽」にあるんですよね。言葉ではああ言っているけれど、果たしてそれが本意なのかと。そもそも「のりちゃん」こと飯綱紀之を本当に殺したのか?という疑問がありますし。あのシーン、黄泉が神楽を挑発し、「憎しみ」を引き出そうとしているようにも見えるわけで、そういう意味ではタイトルはダブルミーニング。黄泉の「憎しみ」の発露でもあり、神楽の「憎しみ」の発露でもあった。うーん、切ない!

→在りし日の二人の姿が、切ない。

喰霊-零-イメージソング集 百合ームコロッケ
喰霊-零-イメージソング集 百合ームコロッケ

→Blu-ray Box予約受付中

喰霊-零- Blu-ray Disk BOX (初回限定生産)
喰霊-零- Blu-ray Disk BOX (初回限定生産)

前回第01話「葵上(あおいのうえ)」の感想へ
次回第03話「邂逅砌(かいこうのみぎり)」の感想へ
アニメ『喰霊-零-』ディレクターズカット版の感想インデックスへ