「機動戦士ガンダム00/』第24話終わりなき詩/感想」更新。
▼何も言わないといいましたが、申し訳ありません。しばしの暴言、お許しください。というわけで、よせばいいのに『キミキス pure rouge』第24話「……and meet again」見てしまいました。最終話にして、今までのエピソードをすべて否定する展開に怒りを通り越して、笑いがこみ上げてきた。感動など微塵もなく、何がこうなってこうなるのか意味不明。いえ、作中の伏線についてはわかりますが、制作者の中でこういう展開にした意図が理解不能。いったい誰をターゲットにした作品だったのか、何を伝えたい作品だったのか、わかりません(信じても裏切られるだけだから、信じても無駄ってお話なの?)。この作品は純愛と唄ってなかったか? 何? これって、僕が他の作品には例を見ないほど、特定のキャラクターに入れ込んでいるから不満に思うんでしょうか? どんな物語であっても、自分は良いところを掬い出せる、楽しめると思っていましたが、今日はその自信を完膚無きまでに粉砕された感じです。もうね、「摩央姉ちゃんを二度と泣かせない! 傷つけない!」みたいなことを真田光一くんが言い出したときには笑ってしまいましたよ。あっそう、星乃さんは泣かせても良いんだ? 傷つけても全然OK? 自分がいないところで泣いていても知りません、そういうことですか、と。何というか、自分とは何ら共感するところがない方が書かれた作品だったんだなぁ、ということに、遅まきながら気がつきました。そういうわけで、今後は監督のカサヰケンイチさん、シリーズ構成の土屋理敬さんが携わる作品を決して見ないことにします(共感できないでしょうし)。ただ、今回この作品を反面教師にして、自分の創作活動に生かしていきたいと思います。つまりは、魂のこもっていない作品など書かないということです。たとえ稚拙であろうとも、全身全霊「愛」を込めて書き上げたいと思います。