「おじいちゃんのうどんは日本一ですから」(里仲なるみ)

 第07話「dear actress」の感想です↓。前回に引き続き、憂える摩央姉ちゃんの巻。


■水澤−甲斐side

 あちゃー、甲斐くん、やっちゃったなー、というのが率直な感想。小説版で二人がつきあい始める契機になったのが、非常にネガティブなもの(傷の舐め合い)だったので、アニメの方もそれほどイイ感じには始まらないだろうなぁ、と思っていたら……案の定。子供の頃から摩央姉ちゃんと一緒に遊んでたりして、ある程度女の子に慣れている光一や一輝と比べて、甲斐くんは女の子に慣れてない感じだったけれど、ここに来てついに暴走しちゃったよ。とりあえず甲斐くんについては今の所フォローしないでおこう。ただ彼の心情を理解したいというのであれば、小説版を読んでいるとわかりやすいかも(全然展開は違うんだけど、きっかけは同じような感じに思える)。

 転じて、摩央姉ちゃんですが、キスされたあとの反応を見る限り、現段階ではまだ甲斐くんが好きというわけではないんでしょうね。というか、多分摩央姉ちゃんって、本当に意味で男の子を好きになったこと(恋愛したこと)ないんじゃないかなぁ。いつまで経っても、友達感覚な感じ。それが前回と今回、光一と星乃さんが仲良くなっていく過程を外から眺めることで、徐々に変わってきた(光一もいつまで経っても弟じゃないんだ、変わっていくんだという感じに)。そんな時にアレ。ここからどうなるか……。

■二見−相原side

 現状維持、あるいは消極的な前進……と見せかけて、二見さんと相原の上下関係がひっくり返りそうな予感がひしひしと。前回の「できない自分を受け入れられないの?」が二見さん自身に突きつけられる展開が今! とりあえず、次回相原が二見さんのマネをして上記の台詞を言ってくれたら、面白いと思う。

■星乃−真田side

 この二人だけは揺るがないと思っていたけれど……、ちょっと心配に(苦笑)。とりあえず、星乃さん、真田くんにあんな脚本書かせちゃダメだよ。もっと自分に都合が良さそうな脚本を書いてもらわなきゃ(笑)。前回の感想で映画の脚本と真田の恋はシンクロするよねって書いたけれど、この脚本にシンクロしたら、真田くんと摩央姉ちゃんがくっついてしまう(苦笑)。第一、このヒロイン像は完全に星乃さんじゃないよなぁ。光一、何やってんのって感じです(笑)。いや、待て。……待てよ。確か光一はヒロイン役を必死に断る星乃さんを見て、「予想通りの反応」と言ってましたよね。つまり、これはアレか。万が一星乃さんが(ラブシーンを演じなければいけない)ヒロイン役に抜擢されそうになったら、「星乃さんはこのヒロイン像に合ってないよ」とその案を棄却させるためのヒロイン像……なのか。うーん、とりあえずこの映画は制作が始まってみないことには何とも言えず。

 今回の脚本の暗示や摩央姉ちゃんの描写、「里なか」で楽しそうに昔話をする幼なじみ組を微笑ましく眺めつつも寂しそうな表情をする星乃さんなどを見ていると、星乃さんと光一の恋の行く末が危ぶまれますが……、そこは光一が小説家を目指している理由に期待したいトコロ。摩央姉ちゃんに関係しているならともかく、「フランダースの犬」だからなぁ。直感的にはこれと星乃さんの「アレ」はそれほど離れていない気がするけれど、はてさて。



 群像劇スタイルは面白いと思うし、ヒロイン達の色んな側面が見られるので良いと思いますが、やはりブレない軸というのを作ってほしいなぁ、と今回思った。あっちも心配、こっちも心配となると見ていて、ちょっと辛いかも。
 というわけで、いつも通り光一と星乃さんに癒されつつも、ちょっとだけ心配になった第07話「dear actress」の感想でした。

→DVD

キミキス pure rouge (1)
キミキス pure rouge (2)
キミキス pure roug3


→主題歌CD

青空loop
願い星


→キャラクターソングアルバム

キミキス ボーカル コレクション


→原作ゲーム



→小説

キミキスpure rouge 1 (1) (ファミ通文庫 K)






 この記事はアニメガイド - キミキス pure rouge(美少女,恋愛,学園)へトラックバックしています。

前回第06話「each melancholy」の感想へ/次回第08話「close to you」の感想へ
『キミキス pure rouge』の感想インデックスへ