りるさんから、「マンガバトン」をいただきました。さっそく解答をば。前回の忍者バトンと比較して、至極真っ当なバトンです。それ故に、(ネタにできなさそうで)次に回せないっ……(苦笑)。

■好きな漫画5つ■

 刹那的な快楽を好む人間なので、好きな漫画と言われてもかなり流動的なんですが、上二つぐらいは不動。あとの三つは机から手の届く範囲にあるのをパッと選択(好きな漫画はすぐ取れるようにしている)。漫画なので(イラストありき)、作画と原作が分かれているのは、すべて作画担当者を先に書いています。

◆水野英多・城平京『スパイラル 推理の絆』

 神様と悪魔(と呼ばれる“人”)によって閉ざされてしまった(未来を失ってしまった)世界が、主人公鳴海歩の示す希望によって開かれていく(未来が作られていく)のが印象的な作品。最終話で、歩と“彼女”以外は皆、未来に向かって“どこかに”立ち去っていくのもすごく良かったですね。色々この作品にまつわる恥ずかしい思い出なんかもあるんで、永遠のNO.1。

スパイラル―推理の絆 (1) (ガンガンコミックス)


◆冬目景『イエスタデイをうたって』

 これの面白さは僕には伝えられないので、「読んでみて」としか言えない。片想いが多いので、『ハチミツとクローバー』みたいな作品かも、と思ったけれど、やっぱり全然違う。有り体にいえば、雰囲気なんですが、何だろ、この作品に流れる“時間のはやさ、おそさ”が気に入ってるのかなぁ、うーん。
 何はともあれ、永遠のNO.2。

イエスタデイをうたって (Vol.1) (ヤングジャンプ・コミックスBJ)


◆佐原ミズ・新海誠『ほしのこえ』

『バス走る。』とどっちにしようか迷った。どっちも同じぐらい好きなんだけど、今回はこちらで。
 宇宙に行ったのが男の子の方で、地球に残ったのが女の子の方だったら……、と考えると、恐ろしく恐ろしくて(笑)。いやぁ、でも、新海誠さんの新作『秒速5センチメートル』も漫画化してくれたら良いなぁ、と思います(いや、オリジナル作品で忙しそうだけれど)。

ほしのこえ


◆CLAMP『ツバサ−RESERVoir CHRoNicle−』

 最近一通り読みました。「東京編」以降の面白さはガチ。でも、一番スキなのは「紗羅ノ国」篇&「修羅ノ国」篇。阿修羅王は美しすぎると思うんだ、うん(笑)。

ツバサ―RESERVoir CHRoNiCLE (1) 少年マガジンコミックス


◆松井優征『魔人探偵脳噛ネウロ』

 説明不要。変身もの

魔人探偵脳噛ネウロ 1 (1) (ジャンプコミックス)


■持ってる漫画の数(文庫 廉価版含む)■

 床に積んであるので百冊ぐらいありそうですが……、トータルだとどれぐらいになるんだろう、五百もないと思う。

■好きな登場人物3人ずつ(最初の好きな漫画から)■

『スパイラル 推理の絆』より、結崎ひよの。
『イエスタデイをうたって』より、第4巻登場の柚原さん。
『ツバサ−RESERVoir CHRoNicle−』より、黒鋼さん。
『魔人探偵脳噛ネウロ』より、弥子?

■あったら欲しい漫画のアイテム■

 暗記パン(@ドラえもん)。

■使ってみたい漫画の技(能力)!!■

 瞬間記憶能力(@探偵学園Q)

■好きな漫画家は?■

 漫画家というのは、作画、原作両方を務めているという理解で良いんでしょうか。それなら、冬目景さん。

■漫喫によく行く?■

 行ったことないですが、お噂はかねがね

■漫画に関して自慢できることは?■

 ないなぁ。描いたこともないですし。

■漫画が無くなったら死ぬ?■

 リスクは分散する主義なので、死にはしませんが、半身を失った感じでしょうか。もう半身失ったら死にます

■回す人。漫画が好きな5人■

 回す人が思いつかないので、すみませんが、ここでストップさせてしまおうかと。持っていきたい方がいらっしゃれば、是非どうぞ。