小説など書籍の感想は、こちらの「かもめは本を読まない」で。

▼米澤穂信さんの『インシテミル』を読み終わりました。タイトルはミステリーのガジェットに「淫してみる」という意味らしい。タイトル通り、ミステリミステリしている内容で、すぐに読み返したくなるほど面白かったのは面白かったんですが、野放しに絶賛できるかと言われるとちょっと微妙ッス(少なくとも「時代を変える」一冊ではない)。以下致命的なネタバレはありませんが、あらすじ以上の内容に触れています。何の先入観もなく読みたいという方はご注意を。
















 というのも、すっきりしないんですよねー、読後感が。前作の『ボトルネック』もそうですが、今作もなんとなく「消化不良」、もやもやとした印象を与えます。『愚者のエンドロール』のラスト一文に感銘を受けた僕としては、どうも米澤さんの作品ですっきりしないのは苦手だったり。いや、そんなことよりも、今作の場合、第二の殺人が起きたあとに行われるとある調査が、第一の殺人が起きたあとにしなかった理由を「登場人物が気づかなかった」としたのが気になって気になって仕方がなかったからかもしれません。それはさすがに無理がある。そこは死体の発見を遅らせて、「調査の時間が取れなかった」とすべきだったんじゃないか、と思ったり。いや、まあ「夜」の内に死んでもらわないと、(作者が)参加者の恐怖心を煽ることができず、「殺人ゲーム」を続けられないのはわかりますが。←恐怖心云々という問題じゃないのに気がつきましたので、修正ー。そこがまず気になってしまったから、続く展開も面白かったのに十分に楽しめなかったのかなー。とにかくこれ以上は再読してから。