「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことは手短に、だ」(折木奉太郎)

「省エネ」を信条とする折木奉太郎に強烈なシンパシーを感じるせいか、米澤穂信さんの著作の中ではこの「古典部」シリーズがスキ(ベストは『愚者のエンドロール』)。

 古典部シリーズというのは端的に言うと、折木奉太郎が、「好奇心の権化」である千反田えるに、振り回される高校生活を描いたもの。「省エネ」を信条とする奉太郎ですが、千反田に流されるままに、日常の謎とやらを解決する羽目になります。
 ああっ、彼の目指す生活は何処に!「かもめは本を読まない」で続きを読む。