「もしかして、好きになっちゃった?」
(中略)
「でも、エロいことはダメ」(四方茉莉)


 視聴はこちらから。
 全編通して、笑い通した「ギャグ回」。「穏やかな日」というか、「波乱に満ちた日」のような気がしますが、これ如何に? この程度の波乱は波乱の内に入らない、これからもっとハードな展開が待っているぜ、というスタッフの配慮だろうか。
 ギャグが冴えわたる回は感想が書きにくいなぁ、うーん。


 一体何度「エロい」と言わせるつもりなんだ!? と思わず突っ込みたくなるほど、エロいエロいを連呼する四方茉莉さん。……あなたが、一番エロい(笑)。
 エロいからということでは断じてないですが、茉莉さんの株価急上昇中です。イタズラお姉さん、ばんざーい(笑)。いやぁ、面白いなぁ。茉莉と依人の会話も、茉莉と真名との会話も。



 今回「女の勘」が冴えわたる石月真名さん。
 予想通り、尻に敷かれている辻堂剛史さんに代わる救世主は、真名さんに、けって〜い! 今回茉莉さんとも仲が良くなりましたし、下準備は十分です。頼りない依人くんなんか、隅に置いといて、ひたすら突き進みましょう。ダメな男は放っておくのが吉。



「依人ったら、いやらしいんです」
「けだものぉ!」
「……コロス」


 の、依人の一連の想像が面白かった。そうか、依人的には蒼乃さんはそういう風に見ているんだな(笑)。



 男性が女性に作ってもらいたい料理ナンバーワンといわれる「肉じゃが」。その理由は皆目見当もつきませんが、まあそれは置いといて、真名さん、ホントに幼なじみの鑑みたいな人だなぁ。

 時代が求めているのはやはり「幼なじみ」なのか。

 ……いや、昨今の世の流れを見ると、将来は逆転するかもしれない。
「肉じゃが」を作りに、幼なじみの家を尋ねる男の子……。あれ、割と悪くない、というか、普通にアリ。