六月開始から山岸風花加入まで。


 六月に入ってすぐには「衣替え」っていうのは、少し早すぎないかと思いますが、うーん、ブリリアント(笑)。制服の変化は微々たるものなのですが、私服がねぇ、すごいわけです。特に桐条先輩が、色っぽいっていうかなんというか、一人高校生じゃないよな、みたいな感じ。あれだけ身体のラインが出る服装をするなんて、よっぽど自分の身体に自身があるんだな、と冷静な主人公も驚いています(笑)。



 この期間で増えたコミュは「グルメキング」だけですが、他のコミュに進展がありました。「クラスメイト」の友近くんが、意中の相手、叶先生に告白しに行ったのです。しかも、なんと! 逆に告白されるという、ありえない状況に!!
 その口説き文句というのが、「個人レッスンしない?」だったそうです。
 ……思いっきり、補習の誘いです。いや、そうに違いない。そうでなければならない(笑)。



 前の満月の夜から、次の満月の夜までの一月を使って、どうやら個々のキャラクターを掘り下げていくらしい「ペルソナ3フェス」。前回は伊織、そして、今回は山岸風花。

 彼女をいじめていた子たちが次々と意識不明になり、山岸風花自身が行方不明になっていたという事実(影時間に迷い込んでしまったということ)を、十日ほど遅れて入手した「特別課外活動部」(普通なら手遅れですが、そこはそこ。物語はうまいことできています。影時間でいえば、十時間ほどしか経っていないそうです)。職員室でその情報を得た彼らでしたが、なんとその場で作戦会議を始めます。「シャドウ」やら何やら、周りの人はこいつら一体何を言っているんだ、という感じだったでしょうが、彼らは気にも留めません。……こいつら、「影時間」のこと、隠す気があるんだろうか。

 情報を整理し、彼女が消えたという体育館倉庫に忍び込むことを決めた「特別課外活動部」。思った以上に早く、深夜の学校に忍び込むという経験ができそうです。……が、頼みの綱の理事長に連絡を取れず、深夜の学校に入ることができない。
 ああ、せっかくの機会を逃してしまうのか、返せ男の夢! と叫んだのは僕ではありませんが、なんと伊織が救いの手を差し伸べます(おお、汚名バンカイです!)。
「仕込みがある」という伊織の言葉に反応した桐条先輩はすかさず「爆薬か」と問う。……頭が良い人って、どこか変わってるんですねぇ(苦笑)。そして、昼間の内に鍵を開けていたということを聞いた彼女の反応がまた面白い。

「昼間の内に鍵を……、ブリリアント!」

 ……賢い人は、やはりどこか人と違うものなんですねぇ(苦笑)。しかし、何度聞いても田中理恵さんに聞こえないなぁ、桐条先輩の声。



 そして、深夜の学校に突入。なんと、ゆかりと行動を共にすることに。世の男の子の願望というのは、空想世界では簡単に叶ってしまうものなのですねぇ。いやはや、勉強になります
 割と怖がり――というか、めちゃくちゃ恐がり――のゆかりは、ことあるごとに怖がる、恐がる。警備員さんのライトだけで、悲鳴をあげます。そして、主人公に抱きつくという……、ああ、これも男の子の願望でしょうか。そこまで、考えていなかったな、自分。
 体育館の鍵を指して、「死体置き場の鍵」という主人公の際どいジョークのセンスに閉口しつつも、みんなと無事合流します。「影時間」へと突入した彼らは、再びチーム分けをすることに。

 今度は、男3人でタルタロスに突入という、全然嬉しくないシチュエーションに。いやぁ、世の男の子の夢は、こうして打ち砕かれるわけですね。いやはや、勉強になります

 ――真面目な話ですが、ゆかりと桐条先輩は馬が合わないようで、というか、桐条先輩からディスコミュニケーション状態なのです。うーん、彼女らって旧知の仲なのか。……そういえば、ゆかりの両親が桐条グループの関係者という話だったかな。その関係だろうか。



 山岸さんを救出した後に、合流場所に戻ってみると、大物のシャドウが出現していて、桐条先輩ピンチ! シャドウが鷲掴みしてやがります!! そこにふらふらと現れるいじめっ子A(森山さんだっけ?)。そして、彼女を庇い、ペルソナを召喚する山岸さん。ここにきて、山岸さんがゆかりの上を行くという自体になってしまいました(ゆかりはなかなか引き金を引けなかったから)。のちに山岸さんを桐条先輩が口説き落とすということを考えると、寮内の女性の力関係はこんな感じか。

 桐条先輩>>>>>>>(超えられない壁)>山岸風花>>>>>>>>>ゆかり

 桐条先輩よりも、ゆかりピンチ!
 とはいっても、まあ、両親の死の真相とかありそうだし、普通に考えればヒロインポジションっぽいですし、名誉挽回の機会は多々あるのでしょう。公式ホームページの「分かったような顔しないでよ!」というのが、どのような場面なのか、楽しみです。「一人だけ冷静で余裕あって」というのが、この主人公に当てはまらないような気がするのは、ナイショですが。

 ここまでが、ミクシィ(mixi)で公開していた分です。次からが新規。されど、「オーディンスフィア」のプレイ日記がメインになるという。でも、その8ぐらいまでは更新できると思うので、ご期待下さい。